ホーム > 一押し!観光スポット > 室堂平

 

室堂平のご紹介

標高2,450mに位置する、アルペンルートの中心地であり観光の拠点。 眼前には有名な剱岳、立山三山をはじめ、3,000m級の雄大な山々が迫ります。日本アルプスで最も 深い高山湖である「みくりが池」や、火山活動を目の当たりにすることができる「地獄谷」を見ることが出来ます。自然の素晴らしさを大迫力で感じることができます。



室堂平の水

室堂ターミナルビル前(3階出口から遊歩道へ出る)には、日本名水100選の 立山玉殿湧水 が出ています。 とにかくおいしいので是非、飲んでいってみて下さい。

よもやま話
立山黒部アルペンルートの中でも、最も難工事といわれた立山トンネル(立山連峰を貫通するトンネル)の作業中、主峰雄山の真下から大量の地下水が吹き出した。「立山玉殿の湧水」と名付けられたその湧水は、なんと水量が1日2万t。水温は真夏でも摂氏2~5度という冷たさで、しかも口当たりが柔らかく美味しい。それもそのはずで、この湧水は立山連峰の万年雪が地中に染み込んだ後、一説によると250年ものあいだ地中に留まっているため、花崗岩や変成岩によって不純物がろ過され、地中のミネラルが添加されたものだという。環境庁が選定した「全国名水百選」にも選ばれ、現在は登山者や観光客の楽しみの一つとなっている。


概 要

住所 富山県立山町室堂
入場など 見学自由
営業期間 例年 4月上旬~11月下旬
(※積雪状況により多少前後します。)
交通 立山黒部貫光 室堂駅→徒歩すぐ


地 図


大きな地図で見る